running-art-shocking

アクセスカウンタ

zoom RSS 月組市川 鳳凰伝/CRYSTAL TAKARAZUKA−イメージの結晶−

<<   作成日時 : 2017/12/10 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は市川文化会館へ月組を観に行きました。
画像


鳳凰伝はやはりスケールや内容を考えると、大劇場向きの作品化と思います。

全国ツアーはもっと大衆演劇的な作品の方が合うかと思います。

ちょっと重い。


久しぶりに観てもやっぱり重い。


バラクにカラフが名前を告げるときに、涙・・・たぶん、この場面で泣いているのは周りを観ても私だけだったかと(笑)

そしてラストも涙


バラクの水のシーンはないと思っていましたが、後ろにそのまま倒れる演出。

観ていてハッとする演出ではありますが、生徒さんを思うととても心配だし、怖い。

怪我のないよう、もちろん演出されているとわかっていてもやっぱりやめてほしいなぁと思います。


北京の民たちが客席に控えているとき、私たちも北京の民として参加しているのだろうか・・・最近、宝塚は客席参加型が好きだし・・・と考えました(笑)


クリスタル・タカラヅカは大劇場公演のとき、大好きだったショーのひとつです。

紫色のお衣装で歌われた珠城さんが、今回も雫の場面から残って、この歌を歌われていました。

またこの歌を珠城さんで聴くことができて、とっても嬉しかったです。

この歌、とっても好きです


続き、娘役さんの群舞も、かっこよくて好きです。

月組の娘役さんのダンスは男役さんに寄り添えば、男役さんを引き立て、個々となれば凛として、とっても好きです。


愛希さんのダンスはいつ観てもキレが良くて、凛として、大好きです。


大劇場公演と違って、この全国ツアー版がとっても良かった・・・と思えたのは、デュエットダンスです。

本当に幸せそうな二人がそこのいました。

珠城さんの包容力のある、優しさが動きや手に現れて、愛希さんの笑顔がそれに映えて、また素敵に輝いていました。

これこそ、宝塚のデュエットダンス

素晴らしかったです。


最後のご挨拶で、綾月さんのご紹介があり、夢を叶えた人で、素晴らしいなぁとまた感心しました。

綾月さんは、小学校6年生の時にこの劇場で宝塚を初めて観て、いまこの舞台に立っているそうです。


チケット難だったこの公演を観ることができて、とっても嬉しかったです。

ありがとうございました。



帰りは友達と3人で、シャンテのリニューアルされたレストラン街へ。

オープンになって、そして落ち着いた雰囲気になって、気に入りました。

「五穀」というお店に入りましたが、おいしくて雰囲気も良くてGOODでしたぁ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お願い

月組市川 鳳凰伝/CRYSTAL TAKARAZUKA−イメージの結晶− running-art-shocking/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる